魅力ある農業

  1. 青年部に加入したほうがいいのか?

    新規就農者などと言って農業界に入ってくる人に勝ち組から参入してくる人は実に少数派である。会社などの人間関係のこじれから会社を辞め、農業に来る人、会社勤めに疲れ…

  2. 農業IoTは本物か?

    IoTを活用できるかが鍵!農業のIOT化と言われどれぐらいの月日が経ったのだろうか。私自身もIoTの一つである営農支援ツール(agrinote)を日々…

  3. ピンチはチャンスの始まり

    農業人口の実態新城は中山間地域農業人口の減少は今に始まったものではない。かろうじて維持している中山間地域の農業。新規就農者がもてはやされている…

  4. 梅雨

    農業と梅雨

    梅雨とは?東アジアの広範囲においてみられる特有の気象現象で、5月から7月にかけて来る曇りや雨の多い期間のこと。雨季の一種。恩寵か災いか? 梅雨…

  5. 持続可能な農業しますか?

    新たな潮流 衰退する一方の日本の農業を本気で何とかしたい──。新世代の農業ベンチャーから資金力ある大企業まで、農業業界の常識やルールにとらわれない変革…

  6. 物流という大きな障壁

    栽培だけが農業じゃない!農業というと農産物を栽培(生産)することをイメージすることが多いと思う。事実、栽培が労働時間割合の多くを占めている。しかし、農…

  7. 農家を悩ます草刈り作業

    次世代草刈り作業の強い味方?スマート農業に関連する頼もしい機械を見て頂きたい。ここに紹介するのは私が興味を持っている草刈り機です。値段もそれな…

  8. 加速するスマート農業

    農業者不足を補えるか? 農水省は、ロボットや人工知能(AI)など先端技術を利用した「スマート農業」の普及を加速させるため、産地単位での導入計画作りの支…

  9. 「地上」より取材受ける。

    オピニオン誌「地上」農業雑誌「地上」より取材を受ける。内容は農業次世代人材投資資金(青年就農給付金)について、「その成果と課題を考察」という崇高な題材…

  10. この一年の成果

    1年間の時限部会長平成最後の青壮年部会長として頑張ってきました。普段の農作業とは別に部会長として色々なことに取組みながら挑戦し続けた1年間。この一年を…

  1. 活動

    愛知県JA青年組織会議
  2. 農業

    農家の時給
  3. 農業

    久しぶりの丸と青果市場
  4. 農業

    農家とJAは蜜月の関係?
  5. 気になる出来事

    給付金45才→50才引き上げ
PAGE TOP