未分類

  1. 青年部に加入したほうがいいのか?

    新規就農者などと言って農業界に入ってくる人に勝ち組から参入してくる人は実に少数派である。会社などの人間関係のこじれから会社を辞め、農業に来る人、会社勤めに疲れ…

  2. 農産物取引価格の低下を招く?

    集荷対策費は経費か?寄付か?中日新聞9/2記事より引用一定額を越える寄付金(集荷対策費)は課税対象と国税庁は示す。最終的には農家が負担…

  3. 「農の雇用事業」参加者募集!

    雇用を検討しているあなたへ令和元年に入って初の農の雇用事業参加者募集この事業は新たに雇用を検討している農家にとって朗報な事業です。この事業は、…

  4. 物流という大きな障壁

    栽培だけが農業じゃない!農業というと農産物を栽培(生産)することをイメージすることが多いと思う。事実、栽培が労働時間割合の多くを占めている。しかし、農…

  5. こども農学校始動(平成最後)

    開校式昨日こども農学校開校式へ青壮年部会長として参列。小学3年生から6年生までの生徒44名が参加。低学年については男子が多いが高学年は女子の方が多い参…

  6. 「地上」より取材受ける。

    オピニオン誌「地上」農業雑誌「地上」より取材を受ける。内容は農業次世代人材投資資金(青年就農給付金)について、「その成果と課題を考察」という崇高な題材…

  7. この一年の成果

    1年間の時限部会長平成最後の青壮年部会長として頑張ってきました。普段の農作業とは別に部会長として色々なことに取組みながら挑戦し続けた1年間。この一年を…

  8. 食料品値上がり!

    今年も相次ぐ値上げ2019年に入って相次ぐ食料品の値上げが予定されている。その多くは原材料の高騰や人件費・物流価格の上昇などの理由によるものがほとんど…

  9. 地域の自然環境を見つめ直す

    どうして自然環境が重要か?「昔はこの地域にもホタルがいっぱいおった。」そう話すのは地元に住むサラリーマンを退職した70代の男性の言葉である。久しぶりに…

  10. 新年明けましておめでとうございます。

    本年もよろしくお願いします。平成30年度(2018年度)部会長 村田典弥…

  1. 農業

    農家はもっと声をあげてもいい!
  2. 農業

    米農家ではありませんが!
  3. 農業

    久しぶりの丸と青果市場
  4. 農業

    外国人就労を解禁
  5. 支援

    こんな記事いかがですか?
PAGE TOP