未分類

ウンカ被害の拡大

甚大な被害に

例年になくウンカ被害の増大がこの地域にも押し寄せてきた。
稲作農家にとってはまさに死活問題。
 当然ながらヘリ防除などの対策は毎年おこなっているが、これほど大きな被害となったことはない。過去最大級の被害といっても過言ではない。過去には3年前にあったが、これほどの被害規模は初めてである。
 結局のところ、防除が有効に作用していなかったのかもしれない。情報では農薬への抵抗性のあるウンカも見られるそうだ。しかし、この地域が抵抗性のあるウンカであるかは不明。

今まで被害が少なかったから、ある意味慢心していたのかもしれない。
昔から「天災は忘れたころにやってくる。」ということわざがある。まさに今年がその年か?
来年は、今年の教訓をもとに事前に対策を施し、防除がしっかりなされることを期待している。

ほぼ全面被害となったほ場
毎年の防除の重要性を知る。
一部のみ無被害

農林業就業者高齢化率52%前のページ

20年産米 概算金値下げ次のページ

ピックアップ記事

  1. 秋肥 価格1~3割低減
  2. 肥料価格の大幅上昇!
  3. 秋晴れ!と台風
  4. 東三河青(壮)年交流会
  5. 新型草刈り機の販売

関連記事

  1. 未分類

    第25回通常総代会

    来賓として昨日(6月20日)の10時からJA本店大会議室において第…

  2. 農業

    農業所得増大に農協改革に自信

    政府の規制改革推進会議農林ワーキング・グループは4月25日、JAの自己…

  3. 未分類

    農産物取引価格の低下を招く?

    集荷対策費は経費か?寄付か?中日新聞9/2記事より引用…

  4. 農業

    農業から脳業への転換

    TOYOTA100年に1度の変革移動する物からサービスを提供…

  5. 意見交換会

    市長と農業者意見交換会の報告

    開催した結果!市長曰く「農業者と直接こうした話し合いの場はな…

  6. 気になる出来事

    気になる産直商品

    「松きのこ」?最近、こんたく長篠の直売所に販売されている「松…

アーカイブ

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. 研修

    第15回愛知県JA大会
  2. 農業

    農業の働き方改革
  3. 新規会員募集

    青壮年部とは
  4. 活動

    愛知県JA青年組織会議
  5. 支援

    労働力不足解消の一手?
PAGE TOP