未分類

青年部に加入したほうがいいのか?

新規就農者などと言って農業界に入ってくる人に勝ち組から参入してくる人は実に少数派である。会社などの人間関係のこじれから会社を辞め、農業に来る人、会社勤めに疲れた人、社会になじめなかった人などが農業に携わる人が実に多いこと。

本来農業をする人は社会で勝ち組となった人が来るべきであると私は思っている。低迷している農業をどれだけ前進させる原動力になるか、計り知れない。とにかく、独りよがりになりやすい農業から救ってくれるものに青(壮)年部があると思ってよい。

結論から言うと加入して損はないと思う。私が所属する 青(壮)年部 も他県青(壮)年部への視察や農林水産省と会合、地域イベントの開催、法改正の説明会、補助金説明会など農作業以外の農業と関われたことは実に有意義なものもなっている。

加入することによって活動時間は割かれてしまうが、それ以上の価値は十分にあると考える。

青年部組織はヒエラルキー

単協は市町村単位の農協(JA)のこと。

そもそも、青(壮)年部は地域農協の部会などに属していることが多い。生産部会とは一線を画し活動している組織と言って良い。言葉を換えればJA組織内の若い農家の集まりと言えばより分かり易いだろう。将来は青(壮)年部からJA役員として登用されていく。

地域農協の 青(壮)年部 は 各都道府県にある農業協同組合中央会 の組織に属し、 同時に全国農協青年組織協議会にも属している。

青(壮)年部 →各都道府県青年組織協議会→ 全国農協青年組織協議会と組織されている。一般的な組織構造(ピラミッド構造化(ヒエラルキー))である。

と言うことは、全国的な組織はもちろんのこと、考え次第では全国の農家と繋がっていて情報交換や視察も可能と言うことである。

青(壮)年部 の意義

加入すると一体何をする組織なのかと疑問に感じる会員も実に多いと思う。私が 青(壮)年部 を活動をとおして、自分なりの農業の持論を展開したい。

私は以前サラリーマンを16年程度経験した手前、就農間もない時期には「農家が欠けている点」を目の当たりにしてきた。どうして、農家はそれでいいのだろうかと常に疑問を感じている。

青(壮)年部は知識・経験・意見交換と学びの場として捉えられる。まずは、遊び感覚から入っていくことが大切。身構える組織ではないし、自分たちが自由に活動出来る為の組織と認識した方がよい。

知っているようで知らない農家の現実!

  • 農家は同士であり競争相手
    実に利己的主義的視点が多い 。
  • 農業は政策に左右される
    栽培すれば補助金がもらえる考え。
  • 個人農家情報収集力が弱い
    積極的に情報収集・営業をしない。
    他人(JA等)任せ。

農家は人であるが農業は事業である。

農家とは農作業を中心とした現場での生産活動する人々である。農家は自由であるが為に自分に甘くなってしまいがち。人間とはすべからくラクをするように出来ている証でもある。

しかし農業といえども、立派な事業である。事業は、利益を上げ継続させていくことが本質。その為、うまくいく農家・いかない農家と色々な農家が存在している。

事業利益を上げ継続(50年100年)させていくためには並みならぬ努力が必要である。現場作業の努力はもちろんのこと、知識・経験・法律・人脈などあらゆる物事に対処してこと事業利益と継続が可能となっていくのではないか。

事業(農業)に対する考えに幅が出来る

若い農家が集まり農家を知り意見交換などをおこなうことからはじめよう。

農家同士の交流から新たな発見や情報を得ることが実に多い。生かすも殺すも自分自身次第だけど。まあ、仲間作りにはもってこいの場ではないだろうか。

最近では各青(壮)年部でも積極的に婚活事業をおこなうところもあり未婚の農家にはありがたい話。

事業は人なりと言うが、農業も実は人なりである事実。すなわち、人と交流することが明日の農業を創造しより良い未来を創ると思う。

農業IoTは本物か?前のページ

農業で稼ぐ?儲ける?次のページ

ピックアップ記事

  1. 菌床シイタケ輸入量過去最高
  2. 保護中: 第2回役員会報告
  3. 東三河青(壮)年交流会
  4. 秋肥 価格1~3割低減
  5. 新型草刈り機の販売

関連記事

  1. 農業

    下町ロケットから農業へ

    宇宙から大地の農業へ下町ロケットはTBS番組(日曜劇場)の日…

  2. 農業

    持続可能な農業しますか?

    新たな潮流 衰退する一方の日本の農業を本気で何とかしたい──…

  3. 活動

    保護中: 第2回役員会報告

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  4. 研修

    第15回愛知県JA大会

    組合員の多様な願いを叶える改革の実践昨日(H30年11月13…

  5. 未分類

    20年産米 概算金値下げ

    話題は少し遅くなりましたが、ウンカ繋がりで20年産米概算金支払が60…

  6. 未分類

    青年部東三河交流会

    8月17日16:00~ 豊橋市高千穂にて交流会を行いました。盟友加藤…

アーカイブ

2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. 活動

    2017年立て看板コンクール
  2. 未分類

    令和2年度 部会活動
  3. 活動

    愛知県JA青年組織会議
  4. 未分類

    JA新規職員基礎研修
  5. 活動

    東三河青(壮)年交流会
PAGE TOP