気になる出来事

ピンチはチャンスの始まり

農業人口の実態

新城は中山間地域

農業人口の減少は今に始まったものではない。かろうじて維持している中山間地域の農業。新規就農者がもてはやされているが離農する農家の方が圧倒的に多い現実。地域農協・行政は自らの施策が打てず国任せの不都合な真実。

私たちの地域の農業は70代が支えている。上記のグラフは地域の実情と照らし合わせると幾分甘めのグラフであるように感じてします。

あと10年もすれば私の住む地域の農業者はほとんどいなくなるだろう。これをピンチというならば逆にチャンスとも言えよう。いつの時代も紆余曲折がありしのいできた経緯がある。

しかし、今回のの業人口の減少は国全体の人口減少に連動している。根本的には人口増加しか対応できないのが実情と考えるのが妥当であろう。近年はIOT、自動制御系の農業機械と進歩は見せるものの、最新機械は費用が高額でありメンテナンスも割高。

どれだけの農家が差新設備に追従できるかは、いささか疑問を呈する。農業の本質も経営であり利益を上げなければ未来の農業を描けない。

これからの10年が勝負

農業のあり方はこれからの10年で見通しがわかる。
離農する農家と拡大していく農家のバランスである。体力がなければ他人の土地名ど借受が出来るはずもない。

私が思う農業規模は5000万円~1億円規模の農家が出てこなければ、将来に向けて規模拡大は非常に難しいと直感している。設備導入・人材確保・資金調達などクリアする課題も多い。

もっとも困難なんなものは人材ではないだろうか。自分の世代で終わる農業と思っている農家はそれでいい。しかし、持続可能な農業の目指す農家は知恵を絞らなければならない。農業を10年やってきたが一番難しいのが人材であると明確に言っておこう。

やはり事業は人であると言うことである。

人材確保と価格決定権獲得に集中せよ!

優秀な人材をどう雇用し事業を発展させていくかにかかっている。雇用する以上は利益をある程度安定的に上げ続けなければならない。

人材を確保するために

人材は事業でもっとも難しい。優秀な人材もいれば、そうでもない人材もいる。実はこの見極めが非常に難しい。ある種、金額には変えられない人望的な要素が必要になってくる。あなたにはその素質があるのか一度自問自答してもらいたい。人が自然と集まってくる人なのか、そうでない人なのかを!実は、人柄が大きな要素であったりもする。

事業とはそういったものなのである。

利益を確保するために

私が所属する青壮年部はJA集荷出しの農家が多い。しかし、よく考えてもらいたい。価格決定権は農家には存在しないのである。私に言わせると、言わば下請け業者である。実に悲しいことではないだろうか。せっかく苦心して作った農産物が画一的に規格選別されJAブランドとして販売される現実を。購入するお客さんは誰が作っているのかを知らない。それが、現実である。

利益を追求できない農家では持続可能な農業は目指せないと断言しておこう。そして、優秀な人材も確保は出来ない。共同の力を強調するJA。そもそも農家それぞれが経営者であることを忘れてはならない。本来であれば同業の宿敵でもある。しかし、共同の名のもとに横並びをさせようとする雰囲気がある。

実力がある農家はJAから離れて事業展開してみてはどうだろうか。今までに見えてこなかった物事に気が付くだろう。

農産物は規格ではなく品質と営業ではないかと最近は感じる。これが本来の商いである。共同の力は戦後間もない中での話で、今は個性を出せる時代であることに気が付いて欲しい。もっと、自由に自分らしく売っていくことだっていくらでも出来るのだから。

共同の力に頼るのは、自力で販売、独自技術の向上、持続可能な農業を目指さない農家である。それでは、下請け業者と何ら変わらない。

利益を最大化させるためにはJA出しでは不可能なことに早く気づこう。利益を最大化できれば優秀な人材も雇用可能である。

利益の最大化が出来れば相乗効果で右肩上がりの経営も可能となって行く。まず、そのことを知らなければ始まらない。

ある意味、考えるより行動しようと言うことである。

売上の壁

農業を営むと規模(売上)の壁にぶち当たるときがくる。
これは、少しずつステップアップしていくしかない。以下に自分が経験してきた規模の壁を見てもらいたい。

<以下は野菜栽培の場合>
※それ以外には該当しない場合もある。

  • 1,000万円の壁
     農業を始めたばかりの人はまずはこの大台に乗せたい。この壁を越えたあたりから家族だけでは出来なくなる。
    ざっくり毎日の売上30,000円程度(300日労働)
    ※人を雇用すると人件費が経費として大きくのしかかってくる。
  • 3,000万円の壁
      正規雇用で最低1人とパート5~10名程度の人材確保が必要となる。 生産工程管理、資金管理、労務管理、設備投資が必要となってくる。
    ざっくり毎日の売上100,000円程度(300日労働)
    ※最低3~4ヶ月先を見据えて全ての管理を綿密に計画する。
  • 5,000万円の壁
     正規雇用で最低3人とパート10~15名程度の人材確保が必要となる。綿密な生産工程管理、資金管理、労務管理と過大投資にならない設備投資が絶対条件となってくる。農家感覚から企業経営的感覚を必要とする。
    ざっくり毎日の売上200,000円程度(250日労働)
    ※人が増えてくることによって作業効率も大きく変わり、労基法遵守も重要な仕事になってくる。特に安全管理・就労管理など

JA出荷で3,000万円以上はこの地域の農業では不採算。
価格決定権を持つことでこれだけの売上と利益が望める規模となる。

経営的に言えば一日の人件費の3倍の売上は欲しいところである。逆に言えば一日の売上の1/3以下が人件費であることが望まれる。

チャンスはこれからが本番

今後10年で大きく変化する農業環境。農家自身がこれからどうしたいのか、どうすべきかを考える時期に来ると思います。農地はどんどん過剰になり生産者不足により荒廃していくことは目に見えています。かといって、体力がない農家が余った土地に手を出せばしっぺ返しを食らうのが落ちである。

この、5年でしっかりと実力を付け、来たるべき時代が来たときに対応できるように準備しておこう。これこそがチャンスである。

農産物取引価格の低下を招く?前のページ

農業IoTは本物か?次のページ

ピックアップ記事

  1. ガソリン価格の高騰再来!
  2. 秋肥 価格1~3割低減
  3. 秋晴れ!と台風
  4. 保護中: 第2回役員会報告
  5. 東三河青(壮)年交流会

関連記事

  1. 気になる出来事

    給付金45才→50才引き上げ

    深刻化する新規就農者 農水省は、新規就農者の就農前後…

  2. 支援

    飼料米助成の引き下げ?

    16日の財政審は飼料米助成の引き下げを提言した。平成31年度…

  3. 農業

    農家はもっと声をあげてもいい!

    一人で、ものを申しても通用しない。JAに意見を言いたい人は大…

  4. 未分類

    「地上」より取材受ける。

    オピニオン誌「地上」農業雑誌「地上」より取材を受ける。内容は…

  5. 研修

    JGAPで良い農業を!

    9月7日の役員会時にも話が出たGAP認証制度。以前、NanoFarm…

  6. 未分類

    地域農業を考える。

    進む世代交代?毎朝産直に出かけるとあることに気づいた。産直に出入り…

アーカイブ

2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. 活動

    2017年立て看板コンクール
  2. 研修

    JGAPで良い農業を!
  3. 活動

    東三河青(壮)年交流会
  4. 意見交換会

    JA愛知東常勤役員との意見交換
  5. 視察

    農協運動におけるリーダー育成
PAGE TOP