農業

2019年値上げラッシュ!

どうして値上げラッシュが起こるのか?

近年、食品を含む値上げラッシュが相次ぐ。
値上げに関するここのサイトを参考にして欲しい。
企業は人件費の高騰・原材料費の高騰による理由により価格引き上げを一斉に実施するようである。これは、利益確保のための手段であり、足並みを揃えて単独値上げへの印象度を低くさせる体があるのも事実ではないだろうか。

人件費の高騰は理解できる。世界情勢からの原材料費高騰も理解できる。これ、すなわちまっとうな値上げであるように思われる。企業は、営利目的で運営しているため至極当然の話。

自らが経営判断し価格を決定していることに他ならない。

農業界隈では・・・

一方、農業界ではどうだろうか?自身の農業経営を考えてもらいた。人件費の高騰・資材費の高騰で値上げできるのだろうか。いや、むしろ全体的に値下がりしているのではないだろうか。

スーパーなどに足を運び野菜類の価格に目をこらしてみると野菜の安さに驚くときがある。こういった価格を見ると産地の豊作貧乏ではないかと勘ぐってしまう。つはりは、固定費がいくら上がろうが農家は耐えるしかないのが基本である。(JA出荷・市場出荷など)

自分で価格を付けて販売することが難しいということである。

しかし、自分で直販し価格決定権を農家が持っている場合には相応にして大きな利益を上げている農家もいるということである。こうして、価格決定権を持つことは、売る力・営業力・魅力・経営力の4要素が必要不可欠である。

実のところ、こうした4要素を満たしている農家は実に少ないことに気が付く。一度まわりの農家を見渡してもらいたい。自ら販売している農家がいかに少ないかを・・・。

そもそも、新規就農してくる人の多くは、仕事が合わなかったり、社会について行けなかったり、利己主義的な価値観だったりすることが以外と多い。

そんなこともあってか、この4要素を持ち合わせる農家は非常に少ない。農業は立派な産業であるため、組織力も要求されるところである。

話はいくらか脱線してしまったが、どうしたら価格決定権を持つことが出来るのかを真剣に考えてもらいたい。持続可能な農業を実践していく為は、儲かる農業を実践しなければ一代で終わってしまう農業になってしまわないだろうか。

先祖から受け継ぐ農家・新規就農者も含めて持続可能な農業の本質を今一度考えてもらいたい。

持続可能な農業を目指すために必要な因子

  • 儲かる農業であるか?
  • 後継者はいるか?
  • 100年持続可能なビジョンはあるか?
  • 若者がひかれる面白さ(魅力)はあるか?
  • 価格決定権はあるか?

特に持続させる事業経営を目指すためには何が必要なのかを見極める必要があるということを言いたい。

つまるところ

農業は牧歌的な部分もいくらかはあるが、ほとんどは真逆に位置する。つまりは儲からなければ持続していくことが困難であるという事実を知る必要がある。

農業の魅力は人それぞれだが共通して言えることは儲ける農業である。

儲ける農業を目指すためには何が必要かを真剣に考え行動していかなければ農業の未来は暗雲立ちこめた世界になってしまうだろう。

そして何よりも持続可能な農業は無理である。持続可能な農業とは、すなわち儲ける農業と同義語である。

こども農学校始動(平成最後)前のページ

スマート農業の幕開け?次のページ

ピックアップ記事

  1. 秋肥 価格1~3割低減
  2. ガソリン価格の高騰再来!
  3. 保護中: 第2回役員会報告
  4. 東三河青(壮)年交流会
  5. 肥料価格の大幅上昇!

関連記事

  1. 農業

    農業の働き方改革

    農業!働き方改革?2019年4月に働き方改革関連法が施行され…

  2. 農業

    農家はもっと声をあげてもいい!

    一人で、ものを申しても通用しない。JAに意見を言いたい人は大…

  3. 台風

    台風12号過ぎ去る

    今回の台風は非常に珍しい進路をとった。通常の台風は、西から東に向かって…

  4. 未分類

    農家に必要とされるスキル

    農家って何?「農家」って言葉はよく耳する言葉ですが、具体的な農家っ…

  5. 農業

    持続可能な農業しますか?

    新たな潮流 衰退する一方の日本の農業を本気で何とかしたい──…

  6. 農業

    農家の時給

    農家の手取りはいくら?データそのものものは少しばかり古いが…

アーカイブ

2019年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. 支援

    こんな記事いかがですか?
  2. 未分類

    「地上」より取材受ける。
  3. 研修

    JGAPで良い農業を!
  4. 活動

    東三河青(壮)年交流会
  5. 未分類

    肥料価格の大幅上昇!
PAGE TOP