意見交換会

JA愛知東常勤役員との意見交換

何のための意見交換会か?

本来、意見交換会は自由な意見を討議する場であるが、形式だって進行しているのでつまらない意見交換となってしまったことが残念です。

JA側からの事業説明や農業情勢の説明などに多くの時間が割かれてしまい農家からの意見や要望などはほとんどなかった。これでは、何のための意見交換会かわからない。とても残念で仕方ないですね。

農家も意見が言えないのか悪いところがある。農家はもっと声を大にしてJAに意見言うべきである。今の農家は言いたいことも言えない農家が多すぎるように感じる。

意見をしっかりと言えない農家

しっかりと自分の意見や考えの言える農家はすくない。農業に入ってくる若者の中には社会になじめず農業をやろうとする輩も実に多い。
他人の意見に左右されたり迎合する農家などは注意が必要である。

農家の商売敵はJAではなく農家であることを自覚しよう!知り合い農家であっても経営は全くの別物。

色々な地域に視察や飛び込み訪問で行った時に感じることがある。

経営者としての覚悟が未熟な農家とでも言いましょうか・・・。
これでは、稼ぐこともままならないでしょうし10年、20年先までのことも、考えが及ばないことでしょう。

稼ぐ根本がよく理解できていないし、やっていれば稼ぐとこが出来ると勘違いしている。

新規就農者の多くは30代・40代が多いそうですが、このうち何人が後継者のことを考えているのかは未知数である。話を聞いていて後継者の話は今までに聞いたことがない。これが、農業の現実である。

稼ぐ農家と稼げない農家の違い

根本は、稼ぐ意味を理解していないことが決定的な違いである。

JAは稼がせてくれる組織と勘違いしている。協同組合であって、最大利益追求型の法人格ではないということを理解していない。これは、農協法の第1条を見れば明確になっている。JAに文句を言っても何もはじまらないのである。それはまた、一組合員に過ぎないからでもある。

稼ぐ農家は値決めを他人に預けない。

ピックアップ記事

  1. 秋肥 価格1~3割低減
  2. 菌床シイタケ輸入量過去最高
  3. 東三河青(壮)年交流会
  4. 新型草刈り機の販売
  5. 肥料価格の大幅上昇!

関連記事

  1. 意見交換会

    第3回新規就農者の集いに参加

    長篠支店2F会議室にて開催若者農家集う貴重な体験今回…

  2. 意見交換会

    市長と農業者意見交換会の報告

    開催した結果!市長曰く「農業者と直接こうした話し合いの場はな…

  3. 意見交換会

    支部設立に向けて

    交流を経て支部設立に手応え2月21日、津具にある「みのや旅…

アーカイブ

2018年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 研修

    第15回愛知県JA大会
  2. 農業

    秋肥 価格1~3割低減
  3. 未分類

    最低賃金
  4. 挨拶

    部会長挨拶
  5. 農作業

    エコロボスティックを知ってる?
PAGE TOP