農業

H30年肥料価格

平均5%程度値上げ

全農は来春の肥料価格(単肥)を決定!(ここタップ!)

当然ながら、複合肥料やその他肥料類も価格上昇となることは間違いないのではないか?
価格変動率は県JA・経済連向け供給価格ベースであり、JA・農家向け供給価格の変動率とは一致しない。
末端価格(単協価格)は各自、肥料価格の聞き取りが必要となる。

単協肥料価格が上昇すると利益は減る

当然ながら、固定費が上昇する分、利益は減少する。この減少分をどこで賄うのかが問題だ。人件費上昇、資材費上昇、機械購入費上昇、どこで利益率を上げていくのか頭の使いどころである。また、来年は消費増税とくる。事前の経営対策をしておこう!

農家はもっと声をあげてもいい!前のページ

農業の働き方改革次のページ

ピックアップ記事

  1. 秋肥 価格1~3割低減
  2. 菌床シイタケ輸入量過去最高
  3. 保護中: 第2回役員会報告
  4. 新型草刈り機の販売
  5. ガソリン価格の高騰再来!

関連記事

  1. 研修

    県青協H30年度通常総会

    5月18日 13:30からJAあいちビル14F 大会議室において平成3…

  2. 未分類

    地域農業を考える。

    進む世代交代?毎朝産直に出かけるとあることに気づいた。産直に出入り…

  3. 台風

    カゴメ トマト栽培困難!

    農業はそんなに甘くなかった。カゴメは30日、生鮮トマトの栽培…

  4. 農業

    農家の時給

    農家の手取りはいくら?データそのものものは少しばかり古いが…

  5. 気になる出来事

    加速するスマート農業

    農業者不足を補えるか? 農水省は、ロボットや人工知能(AI)…

  6. 農業

    「従業員を雇う」を考える

    雇用する力は継続する力知っているだろうか?外国人労働者の受け…

アーカイブ

2018年11月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  1. 農業

    農業の収入ってどれくらいあるの?
  2. 農業

    農家はもっと声をあげてもいい!
  3. 研修

    種子法廃止はなんだったのか?
  4. 支援

    この一年の成果
  5. 農業

    外国人就労を解禁
PAGE TOP