台風

秋晴れ!と台風

台風24号・25号

台風24号の暴風は近年まれに見る凄さだった。国道301号の街路樹が何本も倒されたほどの強風であった。街路樹が倒れるという台風はあまり記憶がない。それぐらいの暴風であった。

気圧変化

携帯に気圧計が付いているので時間経過の成り行きを見守っていると、9月30日の昼過ぎくらいから急激に気圧が降下し始めた。その晩の20時ぐらいには970hPaを記録した。

それにしても、今の携帯の機能はすごい。
気圧、加速度、ジャイロ、地磁気、ホール、心拍、近接、照度などの各センサー類が充実している。実に頼もしい相棒と言えるのではないだろうか?

galaxy NOTE 8 気圧センサー 9月30日~10月1日

台風と農業

農業にとって台風は避けては通れない厄介者である。どれだけの農家が今までに泣かされてきたのだろうか?当然ながら、今回の台風で被害あった農家も沢山いると思うが、こればかりはどうしようもない。

今度は、24号が過ぎ去って25号が接近しつつある。非常に強い台風になったようである。現在、中心気圧 915hPaと報道している。

10月2日現在 915hPa

求められるこれから農業

絶対に台風の暴風では被害を受けないハウス建設が大切。
通常ハウスではなくH鋼仕様が望まれる。金額も3倍ぐらいはかかるかもしれない。しかし、暴風に対する強度も3倍ぐらいはあるのではないだろうか?

農業は「価値の創造・安定供給」がキーワード!

これを実現していくためにはハウス栽培は必須の条件となりつつある。そうとも言い切れない側面もあるが・・・。

売りの最前線を見てみると価値の創造と安定供給は重要な稼ぐためのファクターである。

農業にとって、価値の創造と安定供給とは何なのかを、今一度、考えてみてはいかがだろうか?

ピックアップ記事

  1. 東三河青(壮)年交流会
  2. 秋肥 価格1~3割低減
  3. 保護中: 第2回役員会報告
  4. 新型草刈り機の販売
  5. 肥料価格の大幅上昇!

関連記事

  1. 支援

    飼料米助成の引き下げ?

    16日の財政審は飼料米助成の引き下げを提言した。平成31年度…

  2. 未分類

    肥料価格の大幅上昇!

    窒素質肥料価格の大幅上昇!昨年の窒素質肥料価格から平均で8.1%上…

  3. 未分類

    値上げラッシュ!

    農産物って値上げできるの?農業で農産物の値上げは可能なのか?世間…

  4. 未分類

    第25回通常総代会

    来賓として昨日(6月20日)の10時からJA本店大会議室において第…

  5. 未分類

    農業で稼ぐ?儲ける?

    稼ぐと儲けるどう違う?稼ぐと儲けるは似て非なるもの。同じよ…

  6. 未分類

    農家連携も一つの方法

    連携も視野に!農業界では、後継者不足、資金不足、情報・ネットワーク…

アーカイブ

2018年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. スマート農業

    農家を悩ます草刈り作業
  2. 研修

    第15回愛知県JA大会
  3. 研修

    県青協H30年度通常総会
  4. 農業

    久しぶりの丸と青果市場
  5. 支援

    農地集積バンクの協力金を活用しているか?
PAGE TOP