未分類

携帯電話料金

携帯料金いくら支払っている?

日々携帯電話でどれくらいの使用頻度があるだろうか?一日に1時間以上使う人は、おそらく少ないのではないでしょうか。最近は、めっきりスマートホンが普及しだしこともあり、支払料金も8,000円近くになっている。この金額は妥当なのか?

ここにきて、政府が携帯電話使用料の40%削減を打ち出してきた。

 菅義偉官房長官は21日、札幌市で講演し、携帯電話の利用料について「4割程度下げる余地がある」と述べ、引き下げに意欲を示した。菅氏は、携帯大手3社の利益率が高いと指摘し、「国民の財産である公共電波を利用して事業をしており、過度な利益を上げるべきではない」と強調した。

わたし自身、携帯の使用頻度に比べて使用料金が高いと常日頃感じていた。皆さんはどうだろうか、その上家族の分まで含めると、一体一月にいくら支払っているのだろうか?

ここにきて、政府が携帯電話料金の引き下げに本格的に動きだした。背景には、携帯大手の好業績が続く中、家計の通信料負担が年々増え続けていることもある。家計の消費支出全体は伸び悩んでおり、携帯大手への「もうけ過ぎ批判」は根強い。

携帯料金下げ、議論開始=割高批判、来夏にも方向性-総務省審議会

ちなみに、携帯会社の営業利益は下記を参考としてもらいたい。

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクグループの大手3社の2018年3月期の営業利益の合計額は3兆2000億円に達する。一方、総務省の家計調査によると、17年の家計の消費支出総額は292万1476円と10年比で3.5%減ったにもかかわらず、携帯電話通信料は同25.4%のプラスとなる10万250円まで増えた。

言うまでもないが、営業利益は経費を引いた純利益である。数字を見る限り、儲けすぎであると言わざるを得ない。3者で3兆2,000億円。農業分野から見れば、シェアを携帯電話にとられていると言っても過言ではない。

事実、食料費を抑える消費行動がある。野菜が高いから買い控えをする。すなわち、「がまんする」ということ。しかし、携帯電話は我慢が出来ない。止まってしまうからだ。

飽食の時代、食べ物・食べることへの重要性が低下しているのかもしれない。生きていく上での根本原理を見失いつつある。携帯電話より食べ物の方が絶対重要なのにと日常思う。

野菜が1円、10円値上がりしただけで大騒ぎになるほど敏感なのに対して、携帯料金は騒ぎにならない。何かが間違っている。
そう思いませんか?

所詮携帯会社も利益の寡占化が目的となっているということだ。公共の電波を使って・・・

なんだかんだ言っても実質2割下がればありがたいのだが!

ピックアップ記事

  1. 秋肥 価格1~3割低減
  2. 秋晴れ!と台風
  3. 保護中: 第2回役員会報告
  4. 東三河青(壮)年交流会
  5. 肥料価格の大幅上昇!

関連記事

  1. 未分類

    看板作り

    8月28日10時00~青壮年部看板作りを行いました。看板の絵柄は、1…

  2. イベント

    JAまつり 2018

    晴れ渡る秋晴れの中開催2018年10月20日(土)10:00…

  3. 未分類

    保護中: H30年度 第1回役員会

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  4. 未分類

    稼ぐ農業の実践

    先にも書きましたが、わたしが講演したJA職員基礎研修の中で、営農畑は…

  5. 未分類

    農業で稼ぐ?儲ける?

    稼ぐと儲けるどう違う?稼ぐと儲けるは似て非なるもの。同じよ…

  6. 未分類

    農家に必要とされるスキル

    農家って何?「農家」って言葉はよく耳する言葉ですが、具体的な農家っ…

アーカイブ

2018年8月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  1. 農作業

    ただいま農繁期まっただ中!
  2. 農業

    農家に販売力は必要か?
  3. 活動

    2017年立て看板コンクール
  4. 未分類

    年末に石油価格上昇?
  5. 未分類

    「地上」より取材受ける。
PAGE TOP