農業

農業改革!とJA自己改革!

一体全体どうなってる?

同じ改革だけど何が違うの?農業界隈では、農業改革とか自己改革とか最近よく耳にすることが多くなってきました。では、一体、何がどうなんでしょうか?あなたは、この違いを説明できますか?私の個人的な意見としては「同じような改革じゃないの?」と今まで感じてきました。どうでしょうか?そこで、少しばかり調べてみると、どうも状況が違うらしいみたいです。
簡単に言ってしまえば政府(農水省)が提唱している改革を「農業改革」と言い、JA自ら改革していくことを「JA自己改革」と言うそうである。察しのいい人はピンと来るかもしれません。一般的なイメージとしては農業改革を実現していくための自己改革と捉えるのが普通ではないでしょうか。しかし、しかしだ!

バトル勃発?

調べてみると「農業改革」と「JA自己改革」は真逆の考え方・・・。つまりは、政府が推し進める農業改革に対して、JAが反旗を掲げる改革なのです。どう違うのかを調べてみてください。よく似ている言葉ではありますが、実は正反対の改革ということです。JANBO 6月号に掲載してある「なくてはならないJA」目指して地域貢献と標語がTOPページに掲載してあります。わたしは、これをみてバチバチのバトルを水面下でやっていることを物語っていると如実に感じるのです。要するに、JAは総合事業としてやっていくことが地域貢献だと言うことです。一方、政府の言う農業改革は農業に専念することが地域貢献だと言うのです。もっと言えば、JAは信用共済事業を切り離してやっていくことはナンセンス!切り離すと地域貢献できないんだよ!ってこと。事実、営農事業の赤字を信用共済事業から補填しているのが現実だからです。政府の農業改革は信用共済事業は切り離して地域農業の改革に本腰を入れていくことがJAの使命だ!ということです。農業改革とJA自己改革の本質的な問題は信用共済事業の分離なのです。「営農事業だけのJAでは成り立たないから、JA自己改革を推進し総合事業の必要性を広く訴え、地域貢献・これからの農業の改革が出来るのです。」と言うJAのスタンス。私自身、どっちがいいのか判断できかねます。また、反対に営農事業に補填するから営農に力が入らないのも理解できます。もし逆に信用共済事業からの補填がなくなれば、JA自身が生きていくために必死になって地域農業を考え、盛り上げていくことになるでしょうし。まぁ、でもね、現状のままでいくJAでは、そう変わることもないとも感じてしまう。
さて、皆さん!どう思いますか?農業改革とJA自己改革!一度しっかりと考えてみてはいかがでしょうか?
それと、これは営農の課題として共選共販と買取についてもかんがえてみてください。
もっと、詳細に書きたいところですが、文書を書いていただけでは飯は食っていけませんので、そろそろ農作業します。以上となります。
って言うか、もう昼じゃん!!
しまった!
書くのに1時間かかったじゃん!

盟友ぞくぞくと?前のページ

東三河青(壮)年交流会次のページ

ピックアップ記事

  1. 東三河青(壮)年交流会
  2. 新型草刈り機の販売
  3. 肥料価格の大幅上昇!
  4. 保護中: 第2回役員会報告
  5. 秋晴れ!と台風

関連記事

  1. 農業

    農業IoTは本物か?

    IoTを活用できるかが鍵!農業のIOT化と言われどれぐらいの…

  2. 研修

    第15回愛知県JA大会

    組合員の多様な願いを叶える改革の実践昨日(H30年11月13…

  3. 意見交換会

    市長と農業者意見交換会の報告

    開催した結果!市長曰く「農業者と直接こうした話し合いの場はな…

  4. 農業

    農業の働き方改革

    農業!働き方改革?2019年4月に働き方改革関連法が施行され…

  5. 未分類

    地域の自然環境を見つめ直す

    どうして自然環境が重要か?「昔はこの地域にもホタルがいっぱい…

  6. 未分類

    値上げラッシュ!

    農産物って値上げできるの?農業で農産物の値上げは可能なのか?世間…

アーカイブ

2018年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. 未分類

    保護中: H30年度 第1回役員会
  2. 意見交換会

    第3回新規就農者の集いに参加
  3. 台風

    カゴメ トマト栽培困難!
  4. 農業

    農業の働き方改革
  5. 支援

    従業員を雇おう!
PAGE TOP